杏葉紋付円鏡 ぎょうようもんつきえんきょう

工芸 金工 / 江戸 / 佐賀県

  • 天下一山際近江守
  • てんかいちやまぎわおうみのかみ
  • 江戸時代初期/17世紀
  • 白銅製
  • 直径45.3cm 椽幅0.9cm 吊径2.4cm
  • 1面
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
  • 公益財団法人鍋島報效会

白銅製の大円鏡で、藩主の御道具にふさわしい堂々たる品。箱には「泰盛院様御道具」との貼紙があり、初代佐賀藩主・鍋島勝茂の御道具である。鏡背には古様の花杏葉紋が大きく打ち出されている。鍋島本家の家紋はのちに筋杏葉紋に定まるが、江戸時代初期にはこのような花杏葉紋を藩主も用いていたことがわかる好資料である。

杏葉紋付円鏡 ぎょうようもんつきえんきょう

ページトップへ