広瀬熊野神社の御田植 ひろせくまのじんじゃのおたうえ

民俗 無形民俗文化財

  • 選択年月日:19761225
    保護団体名:広瀬熊野神社の御田植祭保存会
    備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
  • 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

豊年を予祝する田遊び系統のもので、一月六日に行われる。各氏子が米五合を出しあい、その米を使って宿で餅つきをする。この餅で鍬、馬鍬、荷ぐらなどを作り、木の部分はぬるでを使う。夕刻から熊野神社の拝殿、神殿、前庭で御田植がはじめられる。御田植は、寄せ刈り、せき掘りはらい、田うない、はね鍬、苗代掻き、苗しろしめ、種蒔き、刈り取りの順で進行する。年のはじめにその年の豊作を祈願して、一年間の田作りのさまを象徴的に演じる芸能で、この種のものとしては素朴な味わいを持っている。

広瀬熊野神社の御田植 ひろせくまのじんじゃのおたうえ

ページトップへ