松の茶屋中央棟 まつのちゃやちゅうおうとう

建造物 / 昭和以降 / 関東

  • 神奈川県
  • 昭和中/1952/1966~1989改修
  • 木造平屋一部2階建、こけら葺一部瓦葺、建築面積363㎡
  • 1棟
  • 神奈川県足柄下郡箱根町湯本字上町518-1他
  • 登録年月日:20130329
  • 公益財団法人三井文庫
  • 登録有形文化財(建造物)

建物群の中央に建ち、木造平屋一部二階建、こけら葺一部桟瓦葺、建築面積三六三平方メートル。南面東寄りに玄関を構え、屈曲する廊下沿いに上質なつくりの客室や、調理場を配置する。複雑な平面と屋根構成になり、変化に富む外観をつくる、もと旅館の客室棟。

松の茶屋中央棟 まつのちゃやちゅうおうとう

その他の画像

全2枚中 2枚表示

松の茶屋中央棟松の茶屋中央棟
ページトップへ