強羅公園 ごうらこうえん

名勝 / 大正 / 関東

  • 神奈川県
  • 神奈川県足柄下郡箱根町
  • 登録年月日:20130801
    管理団体名:
  • 登録記念物

首都圏南部の高級避暑地・別荘地である箱根の強羅地区では,大正3年(1914)に小田原電気鉄道株式会社が上流階級の親睦・保養のために強羅公園を開園した。東に向かって下がる傾斜面上に設定した東西方向の中軸線上に上方から東屋,噴水池,花壇を配置し,最下段の中央に正門を開く。東西中軸線と直交して直線園路を配置し,南端に出入口を設けるほか,東西中軸線上と左右の傾斜面には主動線の園路・階段及び支線の園路を設ける。強羅の地質を生かして多数の巨岩を配置する点にも特質がある。また,中央の区画北端の傾斜面の一画には,「白雲洞」と呼ぶ茶室・露地庭もある。明確な軸線に基づく意匠・構成は独特であり,近代の造園文化の発展に寄与した意義深い事例である。

強羅公園 ごうらこうえん

その他の画像

全2枚中 2枚表示

強羅公園強羅公園
ページトップへ