能装束 紅浅葱地菊笹大内菱文様段替唐織 のうしょうぞく べにあさぎじきくささおおうちびしもんようだんがわりからおり

工芸品 / 安土・桃山 / 中国・四国

  • 桃山/1501-1600
  • 表は唐織地、裏は紅平絹(後補)の袷仕立てである。全体は、紅地と浅葱地を段違いに仕立てた段替りの意匠構成をとる。紅地には、白・紅・浅葱・紺・萌黄等の絵緯で菊折枝、花菱亀甲…
  • 前丈135.0 後丈131.5 裄66.5 前身幅35.5 後身幅35.5
    袖幅31.0 袖丈61.5 袖口22.0 
    衽幅21.5 衽下り12.5 襟肩明8.5 襟幅13.5 襟下51.0 (㎝)
  • 1領
  • 重文指定年月日:20060609
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 厳島神社
  • 国宝・重要文化財(美術品)

厳島神社における初期の能装束として製作されたと考えられる能装束唐織の一つで、紅地と浅葱地を段違いに仕立てた段替りの意匠構成をとる。全体に紅を基調とし、文様を表す多彩で柔らかみのある絵緯(えぬき)など、桃山時代の能装束唐織の特徴をよく示す優品である。

能装束 紅浅葱地菊笹大内菱文様段替唐織

ページトップへ