吉岡家住宅阿弥陀堂 よしおかけじゅうたくあみだどう

建造物 住居建築 / 明治 / 九州

  • 熊本県
  • 明治/1880
  • 木造平屋建、瓦葺、建築面積3.8㎡
  • 1棟
  • 熊本県山鹿市鹿本町来民字今古閑2032-2
  • 登録年月日:20161129
  • 登録有形文化財(建造物)

主屋の南に北面して建つ。北半は一間四方の板敷で、正側面を開放とし、南に壇を構えて側背面を板壁、前面を格子戸両開として阿弥陀如来を安置する。切妻造桟瓦葺で装飾はなく簡素な建物であるが、礼拝の場として、敷地の景観を特徴づけている。

吉岡家住宅阿弥陀堂 よしおかけじゅうたくあみだどう

ページトップへ