額田寺伽藍並条里図(麻布) ぬかだでらがらんならびにじょうりず

歴史資料 絵図・地図 / 奈良

  • 奈良時代
  • 麻布・朱墨
  • 縦113.70 cm 横72.50 cm
  • 国宝

麻布四枚を横継として料布とし、北を上として條里を示し、額田寺伽藍及び周辺の寺領を画いた奈良時代の古絵図で、條里は大和国平群郡九條三里、四里、十條三里、四里、を千鳥式坪並で現している。図の中央下部(十條三里の三十五、三十六坪、十條四里の一、ニ坪)には、額田寺の堂塔、伽藍、諸門、雑舎等が朱墨を交えて詳細に描かれている。図の全面には「大和國印」の朱印が認められる。

額田寺伽藍並条里図(麻布) ぬかだでらがらんならびにじょうりず

その他の画像

全7枚中 7枚表示

額田寺伽藍並条里図(麻布)額田寺伽藍並条里図(麻布)額田寺伽藍並条里図(麻布)額田寺伽藍並条里図(麻布)
額田寺伽藍並条里図(麻布)額田寺伽藍並条里図(麻布)額田寺伽藍並条里図(麻布)
ページトップへ