太刀〈銘久国/〉 たち〈めいひさくに〉

工芸 / 鎌倉 / 関東

  • 久国
  • 東京都
  • 鎌倉
  • 鎬造、庵棟、小切先、反高く踏張りのある姿は時代の特色を示し、小板目の約つた地沸の深い映りの立った地がねは、この工と系統の特色であり、双文は小沸本位の中直に小乱交り小足よ…
  • 長二尺六寸五分五厘 反一寸 元幅九分 先幅五分五厘 鋒長九分
  • 1口
  • 東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
  • 重文指定年月日:19311214
    国宝指定年月日:19510609
    登録年月日:
  • 国宝・重要文化財(美術品)

優美で均整のとれた太刀姿で、精緻な鍛えに明るく冴えた表現豊かな波紋を焼いている。山城国粟田口派を代表す刀工である藤次郎久国は、後鳥羽院番鍛冶の一人とも伝えられる。有銘作の遺例は少なく、ほぼうぶな状態を保つ完存品として貴重である。

太刀〈銘久国/〉 たち〈めいひさくに〉

ページトップへ