東大寺金堂(大仏殿) とうだいじこんどう(だいぶつでん)

建造物 宗教建築 / 江戸 / 近畿

  • 奈良県
  • 江戸中期/1705
  • 桁行五間、梁間五間、一重もこし付、寄棟造、本瓦葺、正面唐破風付、銅板葺
  • 1棟
  • 奈良県奈良市雑司町
  • 重文指定年月日:18981228
    国宝指定年月日:19520329
  • 東大寺
  • 国宝

聖武天皇が創建した東大寺は、平安末期と室町末期の二度、焼失した。現金堂は宝永6年(1707)に落慶供養された三代目である。莫大な費用と工期を抑えるため、創建規模から桁行で4間縮めたが、梁間や高さは踏襲し、今なお世界最大の木造建築である。正面裳階を唐破風とし、柱を集成材にするなど、江戸時代の創意と工夫も伺える。

東大寺金堂(大仏殿) とうだいじこんどう(だいぶつでん)

ページトップへ