埴科古墳群
 森将軍塚古墳
 有明山将軍塚古墳
 倉科将軍塚古墳
 土口将軍塚古墳
はにしなこふんぐん
 もりしょうぐんづかこふん
 ありあけやましょうぐんづかこふん
 くらしなしょうぐんづかこふん
 どぐちしょうぐんづかこふん

古墳 / 旧石器 / 中部 

長野県
原始
長野市、千曲市
指定年月日:19710316
管理団体名:千曲市(昭55・2・29),長野市(平19・6・7)
史跡名勝天然記念物

 丘陵の頂部に営まれた前方後円墳で、墳丘は丘尾を切断したうえ、自然の尾根に若干の盛土をして作られている。規模は、全長100メートル、前方部の幅30メートル、高さ5メートル、後円部は径約50メートル余、高さ10メートルである。この後円部は円というよりは楕円形もしくは隅丸長方形をなしており、むしろ前方後方墳に近い形をしている。昭和41、2年に行なった発掘調査では、墓壙の構造、墳丘の築成法などに特異な事実が判明した。
 特に後円部のほぼ中央にある割石小口積の竪穴式石室は、二重に築かれた石垣状の墓壙の中に設けられている。石室は全長7.7メートル、幅平均2メートル、深さ2.1メートルを数え、その四隅が丸く作られている。盗掘の際の残存品として三角縁神獣鏡片、硬玉製勾玉等が出ており、副葬品や石室の構造等からみて古墳時代前期の築造であり、東国における典型的な畿内型の古墳の一つである。
 森将軍塚古墳は、善光寺平南域を流れる千曲川の右岸に派生した、標高490mの山頂に所在する古墳時代前期の前方後円墳である。昭和41年から東京教育大学が発掘調査を行い、盗掘を受けた竪穴式石室及び多量の埴輪を検出した。この調査を受け、昭和46年、東日本における古墳時代前期の前方後円墳の様相を知る上で重要であることから史跡に指定された。
更埴市教育委員会は、昭和56年から整備を目的として、古墳の内容を確認するための発掘調査を実施した。その結果、この古墳は、地形の制約から後円部は正円にはならないが墳長100mの2段築成の前方後円墳であること、後円部の竪穴式石室から三角縁神獣鏡、各種…

作品所在地の地図

関連リンク

埴科古墳群
 森将軍塚古墳
 有明山将軍塚古墳
 倉科将軍塚古墳
 土口将軍塚古墳
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

川柳将軍塚古墳・姫塚古墳
黒塚古墳
瓢塚古墳
丹田古墳
津田古墳群
ページトップへ