瓜郷遺跡 うりごういせき

史跡 / 中部 

愛知県
豊橋市瓜郷町
指定年月日:19531114
管理団体名:豊橋市(昭39・9・26)
史跡名勝天然記念物

爪郷と称せられる地域にあり、豊川下流の冲積低地に位する。遺跡は当時の砂州上に存するもので、五様式を示す弥生式土器が層序的に包含されている。地域内に隅丸の矩形又は楕円形の床面をもつ住居の跡があり、又貝塚も存する。遺物は土器・石器・骨角器等が多数発見せられ、他に木製の各種農具等も出土し、低地性遺跡の特色を示している。この遺跡は、弥生式文化の中期及び後期を通じて聚落が継続的に存し、しかも貝塚をも構成しており、農耕生活のほかに漁撈と狩猟との生活の痕跡を示すものとして価値深いものである。

作品所在地の地図

関連リンク

瓜郷遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

登呂遺跡
平出遺跡
是川石器時代遺跡
フゴッペ洞窟
宮滝遺跡
ページトップへ