箕谷古墳群 みいだにこふんぐん

その他の画像全7枚中7枚表示

古墳 / 近畿 

兵庫県
養父市八鹿町小山
指定年月日:19921218
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

箕谷古墳群の所在する養父郡八鹿町は、兵庫県の北部、但馬地方のほぼ中央に位置する。八鹿町の町界はほとんどが山地であり、氷の山(標高一五一〇メートル)を源とする八木川と妙見山(標高一一四二メートル)を源とする小佐川が、西から東へ町内を横断し、町の東部を縦断している但馬地方最大の河川である円山川に合流している。箕谷古墳群は、八木川下流域左岸に位置する丘陵上に所在し、標高八三から九三メートルを測る緩斜面に立地している。この丘陵一帯に八鹿町工業団地が計画され、八鹿町教育委員会がこの古墳群の発掘調査を実施したのは、昭和五十八年のことであった。この調査によって、二号墳から「戊辰年五月(中)」の銘文を有する鉄刀が発見され、箕谷古墳群は一躍全国的に著名なものとなったのである。
 箕谷古墳群は、四基の小円墳(二〜五号墳で、一号墳はこれらと離れて独立している)からなる。いずれも後世の削平をうけており、内部主体である横穴式石室が露出していた。墳丘と石室の規模は、二号墳では墳丘が東西一二メートル、南北一四メートルで石室の全長が八・六メートル、三号墳では墳丘が東西九・五メートル、南北一三・五メートルで石室が九・二メートル、四号墳では墳丘が径七メートルで、石室が三・六メートル、五号墳では墳丘が径六メートルで石室が三メートルとなっている。これらの横穴式石室は、いずれも南に開口しており、無袖式のものである。なお、三号墳では、横穴式石室をとりかこむように三重の列石が巡らされており、他の三墳とは異なる墳丘構造であったことが明らかにされている。
 各古墳から出土した遺物により、二…

作品所在地の地図

関連リンク

箕谷古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

兵庫県箕谷二号墳出土品
金山古墳
ガランドヤ古墳
大室古墳群
水科古墳群
ページトップへ