阿波国分尼寺跡 あわこくぶんにじあと

その他の画像全2枚中2枚表示

社寺跡又は旧境内 / 中国・四国 

徳島県
名西郡石井町
指定年月日:19730414
管理団体名:石井町(昭48・8・11)
史跡名勝天然記念物

S48-05-137[[阿波国分尼寺]あわこくぶんにじ]跡.txt: 阿波国分尼寺跡は、徳島市の西方、吉野川と鮎喰川の合流点に形成された沖積平野の奥に位置している。
 当地は、字名「[[尼寺]にんじ]」によって古くから尼寺跡として推定されてきた。最近の発掘調査により金堂跡・北門跡・廻廊跡をはじめ、寺域を限る築地およびそれに伴う堀が明らかとなった。この結果、付近の条里地割との関連からみて、方1町半の寺域を推定することが可能となった。本尼寺跡は、全国的にみても尼寺跡としては、その状況が明らかな部類に属するものといえる。

作品所在地の地図

関連リンク

阿波国分尼寺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

常陸国分尼寺跡
信濃国分寺跡
下総国分尼寺跡
武蔵国分寺跡<BR/> 附東山道武蔵路跡
薩摩国分寺跡
ページトップへ