屋形古墳群
 珍敷塚古墳
 鳥船塚古墳
 古畑古墳
 原古墳
やかたこふんぐん
 めずらしづかこふん
 とりふねづかこふん
 ふるはたこふん
 はるこふん

その他の画像全4枚中4枚表示

古墳 / 古墳 / 九州 

福岡県
古墳時代後期
うきは市
指定年月日:19530331
管理団体名:うきは市(平28・12・8)
史跡名勝天然記念物

水縄山麓の台地端に存する古墳で、墳丘は殆ど失われ、横穴式石室の玄室奥壁及び向って右側壁の最下部の部分のみ遺存しているに過ぎないが、壁面に壮麗な絵馬が施されている。奥壁は幅約二・五〇米高さ約一米の花崗岩よりなり、表面に朱色及び藍青色を以て同心円、蕨手文、靱、舟、人物等が画かれ、殊に舳に鳥の静止する図や蟾蜍文等に見るべきものがある。これ等の画は黄褐色の石肌を巧みに生かして描線は朱色、地塗は藍青色を以て配され、その画題に■事詩的な風格を具え、わが国古代の芸術生活を知る上に貴重な資料である。
鳥船塚古墳は珍敷塚の南々西約240米の位置にあるものであり、奥壁のみを存するが、朱彩を以て舳と艫として各々一羽の鳥が静止し舟中に人物の立つ図様が画かれ、他に同心円文、盾、靱の図も存する。古畑古墳は鳥船塚古墳の南方約170米の地にある円墳で、周裾に列石が積築され、埴輪円筒列も存する。内部に南面する横穴式石室があり、玄室奥壁には朱彩を以て同心同文、三角文等が画かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

屋形古墳群
 珍敷塚古墳
 鳥船塚古墳
 古畑古墳
 原古墳
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法恩寺山古墳群
浦山古墳
虎塚古墳
弁慶ヶ穴古墳
永安寺東古墳・永安寺西古墳
ページトップへ