時国氏庭園 ときくにしていえん

名勝 / 中部 

石川県
輪島市町野町
指定年月日:20010129
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 時国氏庭園は、輪島市東北部を北流する町野川の右岸に位置する。時国氏の名は、文治元年(1185)に平氏が滅亡した後、能登に配流となった平時忠の子孫時国がこの地域を開発したことに由来する。時国氏は、室町中期から近世に至る期間に、多くの下人を使った大規模な水田経営をこの地方に展開した豪農であり、広く海運にも携わった。時国氏は寛永11年(1634)に分立し、それ以来、もとの時国氏は上時国氏と呼ばれた。分立した時国氏は承応4年(1655)以降、代々、加賀藩領の代官をつとめたほか、藩の山廻役や御塩方吟味人なども勤めた。
 時国氏の住宅建築は、町野川右岸の岩倉山山麓の傾斜面を切り下げて造成した平坦面の上に建てられており、住宅に面する三方の切土斜面を利用して庭園の築山や園池が造られている。背後の樹林内を西に蛇行する水路から水を導き、書院の北東に位置する池と、南西に位置する今ひとつの細長い池に至るまで、切土斜面の裾部に水を伝い流している。このうち、書院南西に位置する池とその背後の築山は、庭園の主景を構成する。とりわけ、渓谷を象って造られた入江奥部の斜面の上方には、三つの立石を前後に距離を置いて配置し、書院座敷からの正面性を意識した遠近感のある枯滝の表現が見られる。また、築山の斜面には随所に石組とともにツツジの刈り込みを配し、明るい雰囲気を醸し出している。
 現在の住宅は、奥能登地方の大農家の構造や技術から判断して、寛永11年(1634)に分立してからそれほど時間を経過せずに建てられたものと考えられている。おそらく、庭園も住宅の建築とほぼ同時に完成したものと見てよい。住宅の立地と園池、…

作品所在地の地図

関連リンク

時国氏庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

上時国氏庭園
坪川氏庭園
大角氏庭園
志布志麓庭園<BR/> 天水氏庭園<BR/> 平山氏庭園<BR/> 福山氏庭園
旧津山藩別邸庭園(衆楽園)
ページトップへ