種子島のまるきぶねの製作習俗 たねがしまのまるきぶねのせいさくしゅうぞく

その他の画像全5枚中5枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

選択年月日:19690301
保護団体名:特定せず
備考:記録:『種子島最後の丸木舟』(中種子町立歴史民俗資料館・昭和58年3月)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

本件は、種子島に伝承されてきた一木づくりの舟を製作する習俗である。この地域の丸木舟は、種子島と屋久島のみに自生するヤクタネゴヨウを用いて作られ、トビウオ漁などに使われてきた。巨大なヤクタネゴヨウを伐採し、チョウナを使って舟の形に刳り抜いていくものである。

関連リンク

種子島のまるきぶねの製作習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

対馬の釣鉤製作習俗
芭蕉布の紡織習俗
土佐の焼畑習俗
越後のしな布紡織習俗
越後・佐渡のいらくさ紡織習俗
ページトップへ