然別湖のオショロコマ生息地 しかりべつこのおしょろこませいそくち

天然保護区域 / 北海道 

北海道
上士幌町、上士幌町
拓殖バス然別湖バス停前、鹿追町教育委員会 0156‐66‐3300、上士幌町ひがし大雪博物館 0156‐44‐2323。
北海道指定天然記念物

・然別湖に生息するオショロコマは、ミヤベイワナといわれ、北海道の河川に広く分布する他のオショロコマとは異なる特長をもっています。
・湖のなかでプランクトンを食べるため、他のものよりえらとげの数が多いことが、もっとも大きな特長です。
・湖を海に見立て、ヤンベツ川等の然別湖に流入する河川を溯上して産卵し、川から湖に下り成長します。
・からだには美しい赤い斑点を持ち、成熟体長は25~30センチメートル、過去には60センチメートルを超えるものも生息していました。
・現在は、北岸水域とそこに流入する河川が生息地として天然記念物に指定されています。
・オショロコマは、現在鹿追町により孵化事業が行われています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

然別湖のオショロコマ生息地チェックした作品をもとに関連する作品を探す

乙部鮪ノ岬の安山岩柱状節理
佐呂間湖畔鶴沼のアッケシソウ群落
厚岸床潭沼の緋鮒生息地
東和町ゲンジボタル生息地
旧国鉄士幌線勇川橋梁
ページトップへ