オオワシ おおわし

天然記念物 

地域を定めない
北海道
指定年月日:19700123
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S44-12-018オオワシ.txt: オオワシは翼長65センチ、翼の開長2メートルに近い、わが国最大のワシ・タカ類で、冬鳥として本邦に飛来する。主として海岸近くや、平地の河川・湖沼の付近に生息する。樺太・カムチャッカ半島などで繁殖し、冬期北海道から本州の沿岸ぞいに南下し、まれに奄美大島や鳥島などに飛来することもある。単独で生活することが多いが、渡りの時は小群をなす。食性は動物質を主とし、魚類が多くウサギなどの獣類も食べている。
 最近、猛禽類は急速に減少し、国際的にその保護が叫ばれているが、わが国でもイヌワシ・オジロワシとともにその保護を強化する必要があり、今回指定するものである。

関連リンク

オオワシチェックした作品をもとに関連する作品を探す

オジロワシ
カンムリワシ
ダイトウオオコウモリ
オオトラツグミ
エラブオオコウモリ
ページトップへ