谷戸城跡 やとじょうあと

その他の画像全10枚中10枚表示

城跡 / 中部 

山梨県
北巨摩郡大泉村
指定年月日:19931129
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 谷戸城跡は八ヶ岳南麓、その裾野に隆起する標高862メートルの城山(茶臼山)にある。甲斐の北西、近世の逸見筋の最奥に位置する旧谷戸村の中心的位置にあって、甲斐源氏の祖、平安末期の[[逸見冠者清光]へみかじや]の居城と伝える城である。
 逸見清光は常陸国武田荘を拠点とし、武田冠者を名乗った源義清の子で、新羅三郎義光の孫にあたる。大治5年(1130)濫行によって常陸国司に訴えられ(『長秋記』)、義清・清光は甲斐国市川荘(巨摩・8代・山梨三郡に散在)に流された(『尊碑分脈』)。こののち清光は八ヶ岳南麓の逸見荘を拠点として勢力を伸長し、逸見冠者を名乗るが、江戸時代の地誌『甲斐名勝志』は「矢谷村に城の腰と伝所あり。逸見黒源太清光住給いし館の跡なりと云」、同じく『甲斐国志』は「(矢谷城)古伝二逸見源太清光此ノ城ニテ建久6年6月ヨリ病ミ正治元年6月19日〓(*1)ス」と記している。
 一方『吾妻鏡』治承4年(1180)9年15日条は北条義時が甲斐源氏に対し源頼朝方に参加するよう、「逸見山」で要請したことを記している。すなわち「武田太郎信義・一条次郎忠頼巳下信濃国中ノ凶徒ヲ討得テ、去夜甲斐国ニ帰リテ逸見山ニ宿ス。而シテ今日北条殿其所ニ着シ、仰ノ趣ヲ客等ニ示サレ給フト云々」、またつづく24日条、10月13日条にも逸見山より駿河に出陣した旨の記述がある。この逸見山については『甲斐叢記』が谷戸の城山について「又逸見山とも云ふ」と記しているから、この谷戸城のある城山を指す可能性がある。今日逸見山という呼称はないが、城山の西方に逸見神社があり、『甲斐国志』は「社記曰、逸見神社…

作品所在地の地図

関連リンク

谷戸城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白山城跡
楠木城跡(上赤阪城跡)
七里岩
杣山城跡
島添大里城跡
ページトップへ