都於郡城跡 とのごおりじょうあと

その他の画像全4枚中4枚表示

城跡 / 九州 

宮崎県
西都市大字荒武・大字鹿野田
指定年月日:20000906
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

都於郡城跡は,宮崎県中央部の西都市南部にあり,一ツ瀬川の支流三財川右岸の標高約100メートルの台地上に位置する。南北朝期から戦国期にかけて,日向中央部に一大勢力を有した伊東氏の本拠として栄えた城跡である。
 伊東氏は,伊豆国伊東荘を本貫地とするが,鎌倉時代に日向国に地頭職を与えられ,南北朝期に足利尊氏に仕えて日向国都於郡を与えられ,一族は日向国に下向,都於郡初代の祐持が本拠地に都於郡城を築いた。南北朝期には都於郡城に本拠を置き,児湯郡,那珂郡,宮崎郡,諸県郡に勢力を拡大し,室町期には佐土原城(佐土原町),宮崎城(宮崎市)を築いた。やがて伊東氏と,日向への進出を目指す薩摩の島津氏との対立が激化していった。16世紀後半,一時飫肥城の攻略に成功したが,元亀3年(1572)の木崎原の戦い(えびの市)で島津氏に大敗した伊東氏は,豊後の大友氏を頼って日向を脱出し,都於郡城主としての伊東氏の時代は終わり,都於郡城は島津氏の支配するところとなった。江戸時代の初頭,島津氏の佐土原藩が発足すると,本城たる佐土原城に対して外城としての役割を担ったが,元和元年(1615)の一国一城令によって廃城になったと考えられる。
 都於郡城は,主体部である五城郭とその外側に連なる東ノ城,向ノ城,前ノ城,南ノ城等の出城からなっていた。主体部である五城郭は浮舟城とも呼ばれ,西を流れる三財川を自然の要害とし,周囲を急崖で守っており,本丸,二ノ丸,三ノ丸,西ノ城,奥ノ城の5箇の郭と,10数箇の腰郭からなっていた。本丸の周囲には高さ約1メートルの土塁が巡り,二ノ丸の東側から北側には高さ…

作品所在地の地図

関連リンク

都於郡城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

穆佐城跡
佐土原城跡
小早川氏城跡<BR/> 高山城跡<BR/> 新高山城跡<BR/> 三原城跡
白旗城跡
清色城跡
ページトップへ