知覧城跡 ちらんじょうあと

城跡 / 九州 

鹿児島県
南九州市
指定年月日:19930507
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

日本の中世の城跡を考える時、特色ある一つのグループがある。南九州の直立した崖をなすシラス地形を利用して作られた城がそれである。知覧城跡はそのなかでも最も保存がよく、規模も大きな城跡で、南九州タイプの城を代表する。
 知覧城は標高170メートルの台地上を刻む浸〓(*1)谷を利用して、大きく二群の城と、周辺の屋敷群から成っている。北の一群は切り立ったシラス崖によって本丸、[[倉ノ城]くらんじょう]、[[今城]いまんじょう]、[[弓場城]ゆんばじょう]の4つの独立したくるわに画されている。本丸は南方に虎口をもつ南北70メートル、東西70メートルのくるわで四周に土塁をもつ。その南方に低い平坦地をはさんで南西に倉ノ城とさらに西に小さなくるわがある。本丸の南東には、40メートル、幅30メートルの空濠をへだてて今城がある。南北120メートル、東西60メートルのくるわで、東、北、西に土塁がめぐり、西に虎口がある。その南西は弓場城に続いている。
 この一群から幅70メートルの自然の谷をへだてて南西に[[式部殿城]セキツトンジョ]、南の栫、児が城の3つのくるわから成る一群がある。この各くるわは濠によってへだてられているが、さらに大きく南から西にかけての深い濠に囲まれている。児が城はフッジョ(古城)とも呼ばれる。この二群の周辺には東の栫、蔵屋敷、西の栫と呼ばれる区画があった。
 各くるわは40メートルにも及ぶ切り立った崖によって守られており、人を寄せつけぬ険しさは、見るものを圧倒する。
 知覧城は島津氏(佐多氏)の居城である。文和2年(1353)島津氏四代忠宗の三男忠光(佐多氏初代)は…

作品所在地の地図

関連リンク

知覧城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津軽氏城跡<BR/> 種里城跡<BR/> 堀越城跡<BR/> 弘前城跡
南九州市知覧
都於郡城跡
志布志城跡
日野江城跡
ページトップへ