佐土原城跡 さどわらじょうあと

城跡 / 九州 

宮崎県
宮崎市
指定年月日:20040930
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

佐土原城跡は、周囲を弁天山などの山塊で囲まれ、北を一ツ瀬川で限る位置にあり、内部に居館地域を含む中世から近世に当地域の支配に使われた城跡である。
佐土原城跡の所在する一帯は、鎌倉期以降、伊東氏の一族である工藤氏や田島氏が城を構えたとされる。応永34年(1427)に伊東氏が田島氏を滅ぼし佐土原城に入るが、特に天文5年(1536)、伊東義祐が城主の時に城を整備して日向48城の中心的城郭として機能することになる。伊東氏は、元亀3年(1572)の木崎原の戦いで島津軍に大敗を喫し、天正5年(1577)には日向を捨て豊後へ退くことになる。その後、日向は島津氏の支配下となり、佐土原城には、島津家久が天正7年(1579)に入った。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで2代豊久が亡くなり、佐土原は一時幕府領となったが、慶長8年(1603)徳川家康により島津以久が佐土原3万石に封ぜられると、佐土原城は、明治3年(1870)に広瀬へ移転するまで、居城として機能した。このように佐土原城跡は、中世から近世、当地を支配した伊東氏から島津氏に至る450年余、当地域の政治・経済・文化の中心として機能した城跡であった。
城跡は、南北二つの山塊からなる山城部と、山城部により南北と西の三面を馬蹄形状に囲まれた居館部とで構成される。山塊は、東西に縦断する切通により南北に分かれ、北部山塊は「弁天山」と呼ばれている。山城部の遺構は、南部山塊に集中している。南部山塊は、南北に延びる主尾根筋とそれから北東に延びる2本の枝尾根筋で構成され、主尾根筋上には北に本丸、南に南の城と称される曲輪を配…

作品所在地の地図

関連リンク

佐土原城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

都於郡城跡
穆佐城跡
志布志城跡
堅志田城跡
八代城跡群<BR/> 古麓城跡<BR/> 麦島城跡<BR/> 八代城跡
ページトップへ