清水山城館跡 しみずやまじょうかんあと

史跡 / 近畿 

滋賀県
高島郡新旭町
指定年月日:20040227
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

清水山城館跡は、滋賀県の西北部、琵琶湖の西岸に位置する高島氏の城館跡である。13世紀初め、近江源氏佐々木氏の一族、高島七頭が高島郡に割拠する。その惣領家が高島(佐々木)越中家であり、本拠が清水山城館跡である。『信長公記』によると元亀4年(1573)に織田信長が浅井・朝倉連合軍との攻防の中で高島郡の木戸城・田中城を攻撃した記事があり、このうちの木戸城が清水山城と想定されている。清水山城館跡は、山城跡、清水山遺跡及び本堂谷遺跡で構成される。
山城跡は、饗庭野台地の南東部に位置し、標高約210mに位置する主郭を中心に北西・南西・南東の三方の尾根上に曲輪を配置する放射状連郭式の山城跡である。また、畝状空堀群が主郭南面と北方の曲輪群の2箇所に設けられている。畝状空堀群は、近江地域ではあまり見られないが、永禄期以降浅井・朝倉氏勢力の影響により築造技法が伝わったものと考えられる。平成8年度から、主郭及び南東に延びる尾根上の曲輪の調査を実施した。主郭は、東西約55m、南北約60mの規模をもち、L字状を呈している。主郭のほぼ中央から石段やかまど状遺構を伴う礎石建物が検出された。建物跡は、桁行6間、梁行5間の規模をもつ南北棟で、会所機能を兼ね備えた御殿と考えられている。出土遺物は、越前焼などの国産陶磁器や輸入磁器等のほかに金属器、硯などがある。いずれも16世紀第2から第3四半期の時期に相当するものが多い。
清水山遺跡は、山城跡の南に広がる山腹一帯に所在し、標高130mから170mに位置する。遺構は、南北約350m、東西約550mの範囲に所在し、西屋敷、東屋…

作品所在地の地図

関連リンク

清水山城館跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎌刃城跡
京極氏遺跡<BR/>                  京極氏城館跡<BR/>弥高寺跡
天霧城跡
北近江城館跡群<BR/> 下坂氏館跡<BR/> 三田村氏館跡
甲賀郡中惣遺跡群
ページトップへ