白旗城跡 しらはたじょうあと

城跡 / 南北朝  室町  安土・桃山 / 兵庫県 

兵庫県
南北朝時代~戦国時代
兵庫県赤穂郡上郡町赤松・細野・野桑・大富
国指定史跡

 白旗城は、標高約440mの急峻な白旗山上に赤松円心(則村)が築いた山城です。
 建武3(1336)年、円心は後醍醐天皇と対立した足利尊氏に味方し、白旗城を築き、西国へ敗走する尊氏を追撃してきた新田義貞が率いる6万の軍勢を釘付けにします。
 義貞は昼夜を問わず50日以上攻め続けましたが、要害堅固な白旗城を落とすことはできず、勢力を盛り返した尊氏に退却を余儀なくされました。
 白旗城は、南北朝期から戦国期にかけて戦乱の中で何度も歴史の舞台に登場しますが、記録の上では一度も落城したことがない難攻不落の名城です。
 現在、白旗城の遺構は、東西約560m、南北約400mにわたって残っており、尾根筋に本丸や二の丸、三の丸、馬場丸、櫛橋丸、侍屋敷などが見られ、南の谷筋に大手郭などの平坦地があります。また、城跡の各所に堀切や石積、土塁などの防御施設が残り、戦乱に耐えた強固な山城であることを彷彿とさせます。

作品所在地の地図

関連リンク

白旗城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤松氏城跡<BR/> 白旗城跡<BR/> 感状山城跡<BR/> 置塩城跡
天霧城跡
都於郡城跡
山名氏城跡<BR/> 此隅山城跡<BR/> 有子山城跡
小早川氏城跡<BR/> 高山城跡<BR/> 新高山城跡<BR/> 三原城跡
ページトップへ