山名氏城跡
 此隅山城跡
 有子山城跡
やまなししろあと
 このすみやまじょうあと
 ありこやまじょうあと

その他の画像全8枚中8枚表示

城跡 / 近畿 

兵庫県
豊岡市
指定年月日:19961113
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

H4-12-06有子城跡.txt: 山名氏は、室町幕府において四職家の1つであり、最大級の大名であった。一族が但馬、因幡、丹波、美作など11か国の守護職を兼帯して、「六分一殿」といわれたことが名高い。明徳の乱では一族相争ったため衰亡したが、嘉吉の乱で勢力を回復し、応仁の乱では、宗全(持豊)が西軍の総帥となった。
 但馬は、南北朝の初期以来山名氏の根拠地であり、南北朝期後半以降戦国期まで一貫して山名氏が守護の地位にあった。この山名氏の本国但馬における居城が此隅山城であり、永禄頃まで使われた。またその後、天正期に山名氏が築いて移った城が有子城である。
 此隅山城は、山名氏の本城であり、文中年間(1372-74)、山名師義が築城したという。標高140メートルの此隅山頂を中心に四方にのびる尾根上に削平による平坦地(くるわ)を多数設けている。南西にのびる尾根上のくるわには千畳敷の呼称がある。
 山麓には、[[宗鏡寺]すきょうじ]、願成寺という地名があるが、かつてその名の寺院があったことを示している。ただし寺そのものはなく有子山麓(出石)に現存している。此隅城下にあった町が有子山麓に移転するにつれ、寺も移ったことを示すものである。此隅山の南方には[[天日槍]あめのひぼこ]を祭神とする但馬一宮、出石神社があるが、永享8年(1436)山名持豊が納めた自筆願文(神床家文書)が残っているように山名氏の尊崇が厚かった神社である。
 文明15年(1483)8月、山名政豊は、赤松氏攻撃のため播磨に出陣するが、その出陣の翌日に出石神社の鳥居の横木が落ちたことが「実隆公記」にみえている。この予兆…

作品所在地の地図

関連リンク

山名氏城跡
 此隅山城跡
 有子山城跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八木城跡
烏帽子形城跡
黒井城跡
小山氏城跡<BR/> 鷲城跡<BR/> 祇園城跡<BR/> 中久喜城跡
湯築城跡
ページトップへ