小国城跡 おぐにじょうあと

その他の画像全4枚中4枚表示

城跡 / 東北 

山形県
鶴岡市
指定年月日:20021219
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 小国城跡は、山形県の西端、日本海から約6.5km東側の内陸部に入った小国集 落に近接する、標高348.5mの通称「楯山」の山頂部に占地する。麓からの比高 差は約235.5mを測り、県内の中世山城跡では最大の比高差である。城跡の東麓 の谷筋には、越後と庄内地方を結ぶ古くからの主要街道である小国街道が通り、江戸 時代には庄内藩の関所が東麓に置かれていた。小国街道の東側には、城の鎮守と伝え られる熊野神社があり、社殿は正面を本丸跡に向けている。
 小国城跡は、東西約1,030m、南北約950mの城域で、東側と西側に谷が入 り、北側に突き出した尾根上に四つの郭を形成している。最高所には通称本丸が築か れ、約840m2ほどの広さで四周に土塁が巡る。東側に虎口を設け、土塁下には腰郭 が巡る。東側に二の丸、三の丸、小規模郭群が連続し、郭の南東側に登城道が取り付 いている。登城道は、東端の小規模郭を境にして北側に折れ、通称駒立場跡で鍵の手 に折れて北麓に下りて行く。本丸跡の西側には、通称西大屋敷と呼ばれる約2,20 0m2ほどの広大な郭があり、居住区域と推定される。本丸跡の北側の尾根には2本の 堀切が切られ、南西側の尾根には3本の堀切が切られている。北東側の尾根は小規模 な堀切が1本切られているだけであるが、登城道の防備は連続して設けられた郭と4 箇所の虎口がその役割を担っている。
 小国城跡の特徴は、本丸跡を全周する土塁と鋭い切岸、登城道を守る4箇所の虎口 の設置である。高所の山城跡で郭を全周する土塁は、富山県以北の日本海側では極め て珍しい事例であり、1…

作品所在地の地図

関連リンク

小国城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白山城跡
志布志城跡
比企城館跡群<BR/> 菅谷館跡<BR/> 松山城跡<BR/> 杉山城跡<BR/> 小倉城跡
津軽氏城跡<BR/> 種里城跡<BR/> 堀越城跡<BR/> 弘前城跡
加治城跡
ページトップへ