加越国境城跡群及び道 切山城跡 松根城跡 小原越 かえつくにざかいしろあとぐんおよびみち きりやまじょうあと まつねじょうあと おはらごえ

その他の画像全3枚中3枚表示

城跡 / 平安  鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 

2県以上
9世紀~16世紀後半
富山県小矢部市,石川県金沢市
指定年月日:20151007
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

加越国境城跡群及び道は,北陸道から分岐する小原越(おはらごえ)や田近越(たぢかごえ)などの脇街道に沿って築城され,加賀前田方(かがまえだがた)と越中佐々方(えっちゅうさっさがた)との攻防の舞台となった城跡群と,道(街道)からなる遺跡である。今回は,小原越と,そこに沿う切山城跡及び松根城跡を対象にする。
 両城とも平坦面,切岸(きりぎし),堀切(ほりきり),櫓台(やぐらだい),虎口(こぐち)等が良好に遺存している。切山城跡は,東西約200m,南北250mの規模で,発掘調査により門跡や,タイのソントー鉱山産の鉛で作られた鉄砲玉等が発見されている。東端の横堀の規模が大きく,越中側からの攻撃に備えて築城ないし改修された城跡である可能性が高い。松根城跡は加賀と越中の境となる砺波山(となみやま)丘陵の最高所に位置し,東西約140m,南北約440mの規模で,門跡や道跡等が発見されている。西端の幅25mの大堀切によって尾根上の道跡が切断されており,近世以後の小原越の道筋は,城が廃城となったのちに,大堀切を迂回するルートとして用いられたものと考えられる。両城の中間地点には,近世に山番所が置かれた平坦面とともに,中近世の小原越の道筋が良好に残る場所がある。
 加越国境城跡群及び道は,加賀・越中を舞台とする前田方と佐々方の攻防を考える上で重要な城跡群であり,街道と城跡の関係を考える上でも極めて重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

加越国境城跡群及び道 切山城跡 松根城跡 小原越チェックした作品をもとに関連する作品を探す

増山城跡
江馬氏城館跡<BR/> 下館跡<BR/> 高原諏訪城跡<BR/> 土城跡<BR/> 寺林城跡<BR/> 政元城跡<BR/> 洞城跡<BR/> 石神城跡
小国城跡
「砺波郡御巡見御道筋手絵図」
堅志田城跡
ページトップへ