高瀬渓谷の噴湯丘と球状石灰石 たかせけいこくのふんとうきゅうときゅうじょうせっかいせき

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 / 中部 

長野県
大町市大字平
指定年月日:19221012
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

高瀬ダムから高瀬川を遡ること数時間,槍ヶ岳を源流とする水俣川と湯俣川の合流点に達する。ここから湯俣川をわずかに遡った左岸に噴湯丘が展開する。段丘上の噴湯丘は,噴気が止んで崩れかけているが,河岸には現在も噴湯丘が成長しつつある。河岸の斜面に上り,クリーム色の噴湯丘の頂部を覗くと,直径数十cmの湯溜まりの中で,わずかにピンクがかった熱湯が勢いよく沸き上がっている。周辺の川の中を歩いてみると,至る所で湯が沸き出しており,噴湯丘の発達の様々なステージを観察することができる。球状石灰岩は,古い噴湯丘の中にも,現在活動している噴湯丘にもみられる。泉温は噴湯丘で約85℃,まわりの湧出口では80~50℃。

作品所在地の地図

関連リンク

高瀬渓谷の噴湯丘と球状石灰石チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白骨温泉の噴湯丘と球状石灰石
オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地
羅臼の間歇泉
鬼首の雌釜および雄釜間歇温泉
樽前山溶岩円頂丘
ページトップへ