オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地 おんねとーゆのたきまんがんさんかぶつせいせいち

天然記念物 / 北海道 

北海道
足寄郡足寄町
指定年月日:20000906
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 オンネトー湯の滝は,活火山である雌阿寒岳と阿寒富士の西麓に拡がる原生林内に位置する。神秘の湖として知られるオンネトーから1.5kmの距離にあり,阿寒国立公園の重要な地域となっている。高さ20数メートルの2条の滝からなる。滝上流の泉源では温度40℃ほどの温泉が湧き出し,原生林内の秘湯として利用されてきた。
 湯の滝でマンガン鉱物が形成されていることは古くから知られ,昭和20年代には,総量およそ3,500トンが採掘された。マンガン鉱物は,現代文明を維持する上で重要な資源である。製鉄の際に不可欠の添加物であり(マンガン鉱物消費量の約9割),日常生活に欠かせない乾電池の材料(消費量約1割)でもある。原料となるマンガン鉱石は,地質時代に形成された鉱床から採掘され,オーストラリアや南アフリカなどから輸入されている。
 現在地球上でマンガン鉱床が形成されている場所は,海底(海底火山の噴出物や大洋底のマンガン団塊)に限られる。オンネトー湯の滝は,陸上で観察できる最大のマンガン鉱物生成場所であり,「天然の実験室」として世界的にも注目されている。
 湯の滝の温泉水は,雌阿寒岳や阿寒富士の斜面での降水が地下に浸透し,十数年かけて溶岩の末端から湧出したものである。泉源と滝の斜面には,光合成によって酸素を放出するシアノバクテリア(藍藻類),この酸素と温泉水中のマンガンイオンを結合するマンガン酸化細菌などの微生物が生息する。
 こうした微生物の複合作用により,滝斜面に二酸化マンガンが形成され,年間1トン以上の沈殿物が生成する。沈殿物は,肉眼的にはマンガン泥と呼ばれる黒色…

作品所在地の地図

関連リンク

オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中房温泉の膠状珪酸および珪華
絵葉書「箱根湯ノ花沢温泉」
箱根七湯図会 堂ヶしま
絵葉書「箱根温泉所  堂ヶ島」
佐渡西三川の砂金山由来の農山村景観
ページトップへ