白骨温泉の噴湯丘と球状石灰石 しらほねおんせんのふんとうきゅうときゅうじょうせっかいせき

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 / 中部 

長野県
松本市
指定年月日:19220308
管理団体名:松本市(大14・6・11)
史跡名勝天然記念物

天然紀念物調査報告(鑛物之部)第一輯 一六八頁 参照
岩酸石灰ヲ含有スル温泉湧出シテ其ノ噴出口ノ周囲ニ沈殿物堆積シ噴泉塔及ビ噴湯丘ヲ生ス本邦ニ於テハ既知ノモノ甚サントス
球状石灰石ハ温泉中ノ沈殿物ニシテ本村ニ在ルモノハ脛一ミリ乃至一センチ時ニ四センチニ達シ純白ニシテ不透明ナル放射繊維状ノ共心構造ヲ呈シ或ハ不規則ノ形ヲ成シ或イハ多面体ヲ成ス本邦ニ於テハ其ノ類多カラズ
炭酸石灰を含有する温泉の噴出口の周囲に沈澱物が堆積して噴出塔及び噴湯丘を生じたものでわが国においては類例少い。
球状石灰石は温泉中の沈殿物で本村に在るものは径1ミリ乃至1センチ時には4センチに達し純白、不透明なる放射繊維状の共心構造を呈し或は不規則の形を成し或は多面体を成す。本邦においては他に類例多からず学術上特に価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

白骨温泉の噴湯丘と球状石灰石チェックした作品をもとに関連する作品を探す

湯沢噴泉塔
鮞(ジ)状珪石および噴泉塔
球状閃緑岩
長門峡
耶馬渓
ページトップへ