旧小納家住宅 きゅうこなけじゅうたく

住居建築 / 明治 / 北海道 

北海道
明治時代/1900
羽幌町大字焼尻字東浜183
焼尻港から徒歩5分、焼尻郷土館(旧小納家) 0164-82-3392、5月1日~8月31日公開
羽幌町
北海道指定有形文化財

・この建物は、2代目小納宗吉氏が明治33年(1900)に建築した木造2階建ての住宅です。
・小納家は漁業のほか、呉服、雑貨商を営み、時には宿泊施設としても利用したり、さらに郵便局舎としても利用されたことから電信室などがそのまま残っています。
・この時代としては珍しい洋風建築をとりいれ、黒檀や檜材を多く使用し、当時の豪勢な生活のあとが偲ばれます。
・その後、昭和52年(1977)に遺族により本町に寄付され、その年に町が全面修復し、同年12月に羽幌町重要文化財として指定し、昭和53年(1978)7月に焼尻郷土館として開館し、現在にいたっています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

旧小納家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧函館博物館1号
旧函館博物館1号

田中善蔵

奥行臼駅逓
旧金森洋物店
旧金森洋物店

池田直二

江差姥神町横山家
焼尻の自然林
ページトップへ