旧本間家住宅 附属屋 ほんまけじゅうたく ふぞくや

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 明治 / 北海道 

北海道
明治/1894頃
木造、建築面積158.02m2、二階建、一部三階、桟瓦葺
1棟
北海道増毛郡増毛町弁天町一丁目30番地
重文指定年月日:20031225
国宝指定年月日:
増毛町
重要文化財

本間家は,呉服業,酒造業,海運業などを営み,北海道の日本海沿岸経済の一翼を担った豪商である。
 旧本間家住宅は,街路に南面した店舗と,その背後の主屋を中心に,附属屋、呉服蔵,醸造蔵が現存している。
 主屋は明治27年頃に着工,明治35年までに竣工した。店舗は明治26年の上棟で,呉服蔵は明治26年,醸造蔵,附属屋は明治27年の竣工と考えられる。
 土蔵造や北海道で発達した木骨石造などによる防火性の高い建築群からなる商家の主要施設が良く残り貴重である。
 構法や意匠は和風の伝統様式を基調としながら,洋風の技術や装飾を採り入れており,我が国における洋風建築の波及過程を辿る上でも重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧本間家住宅 附属屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧本間家住宅 店舗
旧本間家住宅 醸造蔵
旧本間家住宅 主屋
旧本間家住宅 呉服蔵
松城家住宅 文庫蔵
ページトップへ