オシュンコシュン粗粒玄武岩柱状節理 おしゅんこしゅんそりゅうげんぶがんちゅうじょうせつり

地質鉱物 / 北海道 

北海道
斜里町ウトロ西地先国有林
斜里バスオシンコシンの滝バス停から徒歩1分、斜里町立知床博物館 0152-23-1256
北海道指定天然記念物

・この柱状節理はウトロの南西約5.5キロメートルに位置するオシンコシン崎にあり、その姿から「俵石」と呼ばれています。
・ここに分布する第三紀中新世の頁岩層に粗粒玄武岩の岩脈が貫入するという地下でのマグマの活動に加え、オホーツク海の激しい風化作用によって岩石が浸食されて生まれた美しい縞模様が特徴となり、横向きの柱状節理と岩柱に直角に発達する縞状構造が見られます。
・チャラセナイ川のオシンコシンの滝も同じ粗粒玄武岩の急崖にかかるものです。
・岩石標本、偏光顕微鏡切片を知床博物館で展示しています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

オシュンコシュン粗粒玄武岩柱状節理チェックした作品をもとに関連する作品を探す

斜里海岸の草原群落
隠岐海苔田ノ鼻
朱円竪穴住居跡群
乙部鮪ノ岬の安山岩柱状節理
名草の巨石群
ページトップへ