三段峡 さんだんきょう

その他の画像全3枚中3枚表示

名勝 / 中国・四国 

広島県
山県郡安芸太田町・北広島町
指定年月日:19251008
管理団体名:広島県(昭5・7・9)
史跡名勝天然記念物

廣島縣山縣郡ト島根縣都賀郡トノ境界ニ近キ八幡村ヨリ同郡戸河内村ニ至ル太界上流ノ河川峽谷トナス本流ノ上流ヲ八幡川下流ヲ柴木川トナシ支流ヲ横川ニ谷川水梨川等トナス本流ニ於テ約二里ニ亘ル花崗岩石英斑岩花崗斑岩等ノ岩石奇観ヲ呈シテ連續点在シ瀑布渕潭ノ勝景ハ■未タ入ラサル原始林ト相俟テ稀有ノ景觀ヲ成ス溪谷ノ河床略■三段ノ高サヲ異ニシ就中瀑布ノ著大ナルモノ何レモ三段ヲ成ス其ノ名称ハ蓋シ此ニ基リ三段瀑猿飛二段瀑瀧門三重瀧等ハ其ノ秀逸トシテ屈指セラル
中国地方でもっとも高い八幡高原に源を発し約10粁にわたり、変化に富んだ代表的峽谷をなしている。粗粒で明かるい色調を持っている石英斑岩、花崗斑岩から構成され、深度200米に及ぶところがあるほど深く侵蝕する。全峽谷に瀑布、淵潭、急流、■穴、断崖などが連続し、その中心部は嵌入蛇行して豪宕で典型的峽谷景観をなしている。淡紅色の色彩と急傾斜をなす節理とを有する岩石に、豊かな水が乱舞奔流するさまは、近代美の感覚さえ起さしめる。
峽谷は針葉樹と濶葉樹との混合からなる原始林をもっておおわれ、北方種、南方種、中国地方特有種など夛種夛様な植物相をなし、永い年月を経過してかもしだされた中国山脈の天然林の標識的様相であり、よく往古の姿を保存している。高山性の植物が標高の低い峽中に発生し、毎年数回の氾濫増水によって、はじめて生育可能ないわゆる水際植物が発達していることは、ともに峽谷の景観を特徴ずける。モミジの種類に富むばかりでなく、紅黄化する樹種も甚だ夛く、気温の急激な下降によって生ずる秋季の鮮明な紅葉は、峽谷の岩石的風景に反映してま…

作品所在地の地図

関連リンク

三段峡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

面河渓
長門峡
瀞八丁
石柱渓
豪渓
ページトップへ