庄内藩ハママシケ陣屋跡 しょうないはんはまましけじんやあと

史跡 / 北海道 

北海道
浜益郡浜益村
指定年月日:19880517
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 安政元年(1854)、長年の鎖国を破って日米和親条約を結び下田とともに箱館を開港した江戸幕府は、翌安政2年(1855)、東西蝦夷地を幕府直轄にするとともに、松前藩のほか仙台・南部・津軽・秋田の四藩に東西蝦夷地・北蝦夷地(樺太)の分担警備を命じた。安政6年(1859)にはさらに会津・荘内(鶴岡)両藩を警備に加え、奥羽六藩に蝦夷地の開墾守衛を行わせて北方の備えとすることにした。
 出羽荘内鶴岡の荘内藩主酒井忠発は、同年9月に幕府から西蝦夷地のハママシケ(浜増毛、浜益)領、ルルモッペ(留萌)領からテシホ(天塩)領まで、テウレ(天売)・ヤンゲシリ(焼尻)島を下賜され、ヲタスツ(歌棄)領からアツタ(厚田)領までの地の警備を命じられた。藩では早速蝦夷地総奉行・用掛・元締役・箱館留守居役を任命し、翌万延元年(1860)5~6月には現地において幕府箱館奉行から新領地引渡しを受け、その後新領地諸役人や警備開墾の派遣人数を定めている。本陣屋を置くハママシケには副奉行以下物頭1人、足軽40人、元締及兼郡奉行・目付役・兵糧方金受払方兼普請方・代官各1人、平士20人、医師2人、徒目付・足軽目付・大工棟梁各1人、開墾并ニ諸職人郷夫等40人ほか従者合計193人、脇陣屋を置くルルモッペには計57人、トママイ(苫米)には計161人、テシホには計29人が配置されている。翌文久元年(1861)3月には蝦夷地総奉行から新領地赴任の士民に現地での心構えの諭告があり、藩士・農民の移入が行われた。
 ハママシケ陣屋は黄金川(浜益川)川口平野北岸の地に構築され、建築資材は酒田より運漕し…

作品所在地の地図

関連リンク

庄内藩ハママシケ陣屋跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

箱館奉行所文書
五稜郭跡
相南三浦郡上宮田長藩陣営之図
宗谷の護国寺跡
白老仙台藩陣屋跡
ページトップへ