Kyuurumoisagakegyoba

旧留萌佐賀家漁場

Details

Kyuurumoisagakegyoba

旧留萌佐賀家漁場

史跡 / 北海道

北海道

留萌市礼受町

指定年月日:19970311
管理団体名:留萌市(平17・3・15)

史跡名勝天然記念物

 北海道の日本海沿岸に連なる江差・寿都・余市・留萌等の沖合は、江戸時代から蝦夷地有数の漁場として知られる。とくに江戸時代後期以降は、鰊漁の漁場として繁栄し、これにともない日本海沿岸に多数の漁場施設が建設された。
 留萌場所(場所とは、松前藩が蝦夷地経営のために設定した交易場のこと)の開設は慶長年間とも伝えられる。当初は松前氏一族の知行所、後に松前藩士工藤家が世襲する場所となり、18世紀後期からは藩主の直領となった。18世紀前期からは場所請負による漁業経営が行われている。天明年間になる「蝦夷地案内記録」には「ルルモッペ」の場所名があり、鮑串貝・魚油・いりこ・鰊などの産物があったことが記されている。
 佐賀家が留萌場所における漁場経営に参加するようになったのは、弘化元年(1844)のことである。佐賀家は陸奥国南部田名部領内の下風呂村(現在の青森県下北郡風間浦村下風呂)に在住し、代々漁業・海運業を営み、蝦夷地とも交渉をもっていたが、この年、7代佐賀清右衛門は平之丞(8代)を留萌場所の礼受に赴かせ、漁場を開設した。佐賀家の屋号「因」(カクダイ)は、松前の田中藤左衛門の屋号であるが、これは場所請負制下での漁場経営には松前の人別であることが必要であったため、清右衛門が田中藤左衛門の名義を借りて経営を開始したものと考えられる。
 佐賀家は、弘化4年には留萌場所に越年者を置き、年間を通じて漁場の管理を行っており、安政4年(1857)には留萌場所の出稼人所有の鰊釜のおよそ15パーセントを文久3年(1863)には同場所の出稼人所有の建網数のおよそ10パーセン…

Related Works

Search items related to work chosen