丹後半島の漁撈用具 たんごはんとうのぎょろうようぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 近畿 

京都府
888点
宮津市国分天王山611-1
登録年月日:20160302
管理団体名:
備考:
京都府
登録有形民俗文化財

本件は,丹後地方の沿岸部で行われてきた漁撈に関する用具類を収集したものである。沿岸部を地形的に大別すると,西部の日本海に突き出た半島部と東部のリアス式海岸の内湾部とに分けられるが,漁業の特徴としては,前者では荒磯の岩礁を漁場とする磯漁が,後者では沈降海岸が形成した漁場をめぐる定置網漁が顕著である。特に,内湾部では暖流の分流が湾内を還流していることから,ブリをはじめとする多くの回遊魚がもたらされている。
丹後半島の漁撈用具は,こうした自然環境を背景とした,磯漁用具・網漁用具・釣漁用具・陥穽漁用具など,漁撈に直接用いた用具に加え,それらを製作修理する用具,獲れた魚を加工販売する用具,漁船及び船大工用具などからなる。特に,トモブト,マルコと称する木造の漁船は,刳舟(丸木舟)の製作技術からの発展形態とされるオモキ造りによるもので,日本海側に特有な造船技術の在り方や地域性をよく伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

丹後半島の漁撈用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

氷見及び周辺地域の漁撈用具
陸前高田の漁撈用具
八戸及び周辺地域の漁撈用具と浜小屋
北佐渡(海府・両津湾・加茂湖)の漁撈用具
丹後の漁撈習俗
ページトップへ