丹後の漁撈習俗 たんごのぎょろうしゅうぞく

無形民俗文化財 / 近畿 

選択年月日:19871218
保護団体名:特定せず
備考:記録:『丹後の漁撈習俗』(京都府教育委員会・京都府立丹後郷土資料館・平成9年3月31日)
映像:『丹後の漁撈習俗』(企画歴博・協…
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この習俗は、丹後地方沿岸における漁撈に関する習俗である。この地域は、若狭湾西部に位置し、対馬海流が沖合を通り、その分流が湾内に環流するため、魚種が豊富で各種の漁法が営まれてきた。若狭湾に面した入江の多い海岸では、刺網や定置網による鰤漁、組織的方法による捕鯨などが行われ、外洋に面した沿岸では、磯見漁や海藻採取、飛魚刺網漁、沖合の釣漁が発達した。また、丹後町袖志では海女の潜水漁法も営まれた。このように、この地域は内湾と外洋の漁法が多様で、かつ複合的に伝承されてきた。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

丹後の漁撈習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

丹後半島の漁撈用具
有明海漁撈習俗
丹後の藤布紡織習俗
八郎潟漁撈習俗
久高島の漁撈習俗
ページトップへ