石清水八幡宮境内 いわしみずはちまんぐうけいだい

その他の画像全4枚中4枚表示

社寺跡又は旧境内 / 平安 / 近畿 

京都府
京都府八幡市
指定年月日:20120124
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 石清水八幡宮境内は,八幡神(はちまんしん)を祭神として平安時代に創建された,我が国を代表する神社境内であり,淀川左岸の標高約120mの男山(おとこやま)丘陵に立地する。その創始は,貞観(じょうがん)元年(859),僧行教(ぎょうきょう)が宇佐八幡宮(うさはちまんぐう)で受けた神託に従い,山城国((やましろのくに)男山山頂に八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)を勧請(かんじょう)したものとされる。天慶(てんぎょう)2年(939)には伊勢神宮に次いで奉幣(ほうへい)される地位を得,天下第二の宗廟(そうびょう)と称された。天皇・上皇の一代一度の参詣(さんけい)も慣行となり,藤原氏の参詣も相次ぐなど,朝廷・貴族の厚い崇敬を受けた。
 また,武家の棟梁(とうりょう)として台頭してきた源氏に厚く信仰され,鎌倉・鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)を代表として八幡神は各地に勧請されその信仰が広まった。
 創始当初から廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)まで神仏習合(しんぶつしゅうごう)の宮寺(ぐうじ)の形態をとり,境内には寺院施設,社僧(しゃそう)の坊が多数設けられていた。八幡市教育委員会による発掘調査によって,護国寺や坊舎(ぼうしゃ)などの遺構が良好に残っていることが確認されている。
 古代以来の神社境内の趣きを今に伝えるとともに,神仏習合の宮寺として坊舎などの遺構も良好に残り,我が国の宗教史を理解する上で重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

石清水八幡宮境内チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鶴岡八幡宮境内
宇佐神宮境内
石清水八幡遷座縁起絵
大隅正八幡宮境内及び社家跡
丹生都比売神社境内
ページトップへ