石清水八幡遷座縁起絵 いわしみずはちまんせんざえんぎえ

歴史資料  絵図・地図 / 鎌倉  室町 / 日本 

鎌倉-室町/14世紀
縦115.1 横42.2
一幅
重文

石清水八幡宮は貞観元年(八五九)大安寺僧行教により宇佐八幡宮から勧請され、京都府八幡市の男山に鎮座する。男山全体の景観を俯瞰的にとらえ、すやり霞で区画して、そこに遷座に伴う数々の奇瑞譚を描いている。回廊に囲まれた本殿の前では、遷座の儀式が執り行われている。画面の上部に日輪、下部に月輪を配し、縁起絵のみならず礼拝画としての性格も備えている。樹木、岩などの描法には新手法も窺われ、制作は鎌倉時代末期から室町時代初期と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

石清水八幡遷座縁起絵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色石清水八幡宮縁起絵(伝大山崎離宮八幡利益縁起)
石清水八幡宮境内
春日宮曼荼羅図
石清水八幡宮本社 楼門
石清水八幡宮曼荼羅
ページトップへ