文化遺産オンライン

男山八幡宮曼荼羅

オトコヤマハチマンミヤマンダラ

概要

男山八幡宮曼荼羅

オトコヤマハチマンミヤマンダラ

絵画

縦:137.6cm 横:63.6cm

1幅

重要文化財

男山にある石清水八幡神社の社殿と、その本地仏を曼荼羅風の形式で描いたもの。上段には阿弥陀三尊を安置し、その下方には石畳をはさんで向かって左に阿弥陀と勢至、右に十一面観音と如意を持つ菩薩を配している。 抽象的な形式のなかにも、参詣者や社人を描いたり、屋根に鳩を描くなどして、現世的要素を入り込ませている。後世の修理銘によると、本作品は久我殿が八幡講の本尊として寄進したものという。

男山八幡宮曼荼羅をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

曼荼羅 / 本地 / 春日 / 菩薩

関連作品

チェックした関連作品の検索