絹本著色阿弥陀曼荼羅図 けんぽんちゃくしょくあみだまんだらず

絵画 / 鎌倉 / 近畿 

兵庫県
鎌倉
1幅
兵庫県西宮市上甲東園1-10-40
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人頴川美術館
国宝・重要文化財(美術品)

阿弥陀曼荼羅は、密教における阿弥陀法敬愛に用いられるものであるが、図像を除き、本図のように完成された曼荼羅図の遺例はきわめて少なく、彩色の古本としては本図のほかには未だ知られていない。観音を中心に阿弥陀の八葉を配し、内院の四隅に供養菩薩、外院に四供養菩薩、四摂菩薩を配して形式をととのえている。温和な色彩や繊細さの認められる筆致などからみて、鎌倉時代も前期を下らぬ頃の製作と考えられ、阿弥陀曼荼羅の珍しい作例としてその価値は高い。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色阿弥陀曼荼羅図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

愛染曼陀羅
絹本著色阿弥陀二十五菩薩来迎図
絹本著色閻魔天曼荼羅図
絹本著色春日宮曼荼羅図
絹本著色智光曼荼羅図
ページトップへ