絹本著色三十三所観音像 けんぽんちゃくしょくさんじゅうさんしょかんのんぞう

日本画 / 鎌倉 / 近畿 

鎌倉
絹本著色 画絹五副一鋪(左より一一・〇、四二・一、四〇・六、四一・一、九・五センチメートル)
縦一九七・一センチメートル 横一四四・三センチメートル
1幅
重文指定年月日:20120906
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人華厳寺
国宝・重要文化財(美術品)

一三世紀前半の記録には、長谷寺に始まり三室戸寺で結願する三十三所の巡礼順が記され、本像はこれに依拠して描かれている。本図の図像上の特徴として、古来観音霊場として著名であった像が正確に描かれる点が挙げられ、本図が平安時代以来の伝統的な図像蓄積を背景とすることを物語る。また画面中央に阿弥陀を配することは、寺門派が主導した熊野信仰とのかかわりを示す可能性がある。その制作時期は一三・一四世紀の交にあろう。本図は、三十三所観音像の現存最古にして最大の作例であり、かつ同時代の山水画としても類例のない規模を有しており推奨に値する。

関連リンク

絹本著色三十三所観音像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色石田正継像
絹本著色伝足利義政像
絹本著色益田元祥像〈狩野松栄筆/〉
紙本白描不動明王図像
絹本著色佐藤一斎像〈渡辺華山筆/〉
ページトップへ