豊前国宇佐宮絵図 ぶぜんのくにうさぐうえず

絵図・地図 / 室町 / 九州 

大分県
室町
紙本墨書(著色あり)、掛幅装
縦135.0㎝ 横139.0㎝
1幅
大分県宇佐市大字南宇佐2859
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人宇佐神宮
国宝・重要文化財(美術品)

 宇佐宮は奈良時代以降、朝廷の崇敬が厚く、宇佐使が派遣された。宇佐八幡宮ともいわれる豊前国一宮である。
 本図は、応永の造営時の宇佐八幡宮と、神宮寺である弥勒寺伽藍の様子を俯瞰的に描いた絵図である。
 中世の神仏習合の状況を具体的に知ることができる貴重な史料である。

作品所在地の地図

関連リンク

豊前国宇佐宮絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宇佐神宮境内
紀伊国井上本庄絵図
絹本著色熊野曼荼羅図
宇佐神宮所蔵絵図等
紀伊国桛田庄絵図
ページトップへ