Kemponchakushokukomyohonzon

絹本著色光明本尊

Details

Kemponchakushokukomyohonzon

絹本著色光明本尊

絵画 / 鎌倉 / 中部

鎌倉

絹本著色 掛幅装

右幅縦161.4cm 横39.0cm
中幅縦177.0cm 横42.0cm
左幅縦162.0cm 横40.2cm

3幅

重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:

宗教法人妙源寺

国宝・重要文化財(美術品)

浄土真宗に特有の図像構成を示す光明本尊の最古本で、三河における初期真宗高田派の中心寺院であった妙源寺に伝わる。中幅の阿弥陀の名号からは周囲に波状の光が放射され、インド、中国、日本の浄土教祖師を経て、法然、親鸞に念仏の教えが伝えられたことを視覚的に表現する。後の光明本尊が一幅構成を定型とするのに対して、本図は三幅構成をとる唯一の作例で、初期的様相を伺わせる点で貴重である。

Related Works

Search items related to work chosen