臨川寺領大井郷界畔絵図 りんせんじりょうおおいごうかいはんえず

 / 南北朝 / 近畿 

南北朝
紙本著色折畳装
縦211.1㎝ 横140.8㎝
1鋪
重文指定年月日:20120906
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人天龍寺
国宝・重要文化財(美術品)

本図は、貞和三年(一三四八)の夢窓疎石(一二七五~一三五一)の裏書から、臨川寺と天龍寺とが対立することなく、寺領を維持できるように作成したことが知られ、臨川寺領は朱線にて囲んでいる。寺領の表記のほかにも、臨川寺・天龍寺など嵯峨の諸寺院や在家、大堰川、橋など嵯峨の空間を描いた絵図として貴重である。

関連リンク

臨川寺領大井郷界畔絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

額田寺伽籃並条里図(麻布)
紀伊国桛田庄絵図
武蔵国鶴見寺尾郷絵図
峯相記
絹本著色三十三所観音像
ページトップへ