丹生都比売神社境内 にゅうつひめじんじゃけいだい

その他の画像全3枚中3枚表示

社寺跡又は旧境内 / 近畿 

和歌山県
伊都郡かつらぎ町
指定年月日:20021219
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

和歌山県の北部、紀ノ川から南に広がる山地の山裾に高野山の町石道の基点となっ ている慈尊院があり、丹生都比売神社は、高野山に登る中腹のかつらぎ町天野に位置 する。
 丹生都比売神社は、天野社とも呼ばれる神社であり、金剛峯寺の鎮守とされ、丹生 明神・狩場明神(天野明神)と承元2年(1208)勧請された気比明神・厳島明神 の4神を祀っており、四所明神として崇敬されている。
  空海が、高野山金剛峯寺を開創するにあたり、高野山周辺地域の地主神である丹生 都比売神が、その神領を空海に譲ったという伝承がある。高野山は平安末期以降、こ の神領の範囲がすべて高野山領であるという主張に基づいて、荘園を獲得していった。 狩場明神は高野明神とも呼ばれ、この神が狩人の姿に化身して空海を高野山に案内し たと伝えられる。また、丹生明神と狩場明神は、丹生高野両明神として高野山の壇上 伽藍や多くの高野山領荘園に勧請されている。
  平安末期から盛んになる高野山参詣の途中、本社に詣でることも多くあり、正和2 年(1313)後宇多上皇が、高野山からの帰路参詣している。
  神社の本殿は、同規模の春日造の4棟であり、1柱を1棟ごとに祀っており、現在 の建物は文明元年(1469)の建立のものを最初とする。明応8年(1499)建 立の楼門とともに重要文化財に指定されている。 古絵図などによれば、境内には多宝塔・御影堂・不動堂・山王堂・護摩所・鐘楼・ 経蔵・坊舎などの建物の存在が確認されるが、神仏分離により仏教施設が撤去され、 神道関係施設だけが残された。

作品所在地の地図

関連リンク

丹生都比売神社境内チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高野四所明神像
丹生都比売神社本殿 (1)
木製彩色迦陵頻伽文華鬘
木造不動明王坐像(天野社護摩所旧本尊)
高野枡〈応永三年八月  日/高野山沙汰人連署刻銘〉
ページトップへ