文化遺産オンライン

木製彩色迦陵頻伽文華鬘

もくせいさいしきかりょうびんがもんけまん

作品概要

木製彩色迦陵頻伽文華鬘

もくせいさいしきかりょうびんがもんけまん

金工 / 室町

室町時代・16世紀

木製、彩色

1面

重要文化財

 高野山金剛峯寺の鎮守天野社(あまのしゃ)(丹生都比売(にうつひめ)神社)に伝来したもの。やや縦長の木板製で、胡粉(ごふん)を塗り、迦陵頻伽(かりょうびんが)と宝相華を彩色して表わす。婦人乗馬図や胡蝶舞図華鬘とともに神社の社殿に懸けられたものであるが、これは仏教的な意匠を表している。

木製彩色迦陵頻伽文華鬘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

華鬘 / 丹生 / 迦陵頻伽 / 天野

関連作品

チェックした関連作品の検索