木製彩色婦人乗馬図華鬘 もくせいさいしきふじんじょうばずけまん

金工 / 室町 

室町時代・16世紀
1面
重要文化財

 天野社に伝来したもの。婦人乗馬、胡蝶舞のどちらも木板製彩色で、大きさ、作風とも同様であり、同じ時期の製作と見られる。社殿装飾としての華鬘で、風俗画が描かれており、華鬘の形を踏襲しながら、意匠は仏教からかけはなれたものとなっている。

作品所在地の地図

関連リンク

木製彩色婦人乗馬図華鬘チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木製彩色迦陵頻伽文華鬘
木製彩色婦人乗馬図華鬘
木製彩色胡蝶舞図華鬘
金銅種子華鬘
牛皮彩色迦陵頻伽文華鬘
ページトップへ