木造菩薩立像 もくぞうぼさつりゅうぞう

その他の画像全9枚中9枚表示

彫刻 / 鎌倉 / 関東 

東京都
鎌倉
1躯
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

いわゆる三尺の菩薩形立像で、右足からやおら歩行の態を示す姿は誠に自然な整いをみせており、また、衣のひだの自由な装飾味のある扱いにも巧みな写実的手腕がうかがわれる。衣の彩色や切金文様をはじめ、銅製の宝冠や瓔珞はきわめて精巧なもので、鎌倉中期の技巧的傾向を顕著に示す作品である。特に唇に水晶板を嵌めているのは他に例がなく、中国の影響を受けた当時の風潮の一面をあらわしている。しかし、この種の作品にありがちな格調を失する趣きが少なく、その製作時期は鎌倉中期(十三世紀半)を下らぬことが想定される。

作品所在地の地図

関連リンク

木造菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅造勢至菩薩立像
木造十二神将立像(巳神戌神)
木造〈持国天/増長天〉眷属立像
石造菩薩立像
地蔵菩薩立像
ページトップへ